遺産相続のための基礎知識

故人の手続きを行う

 
人が亡くなると近い存在の人ほど手続きや対応などが大変になりますが、特に不慮の事故や急病によって死亡するような場合は心の準備ができてない状態から対応に迫られることになるので気持ちの面でかかってくる負担はかなり大きなものになってしまうことが想定されます。

亡くなった人が残した財産の相続についての話し合いも必要になってきますが、基本的に遺産相続という形で財産は引き継がれることになり、対象となってくるのはお金や不動産などになってきます。
遺産相続は非常にトラブルが多いので、トラブルを少しでもなくすためにも事前の対応が必須となってきますが、遺言書が無い場合の遺産相続については特に手続きが大変になっています。

また、人が亡くなった場合は手続きに時間がかかることも少なくありませんが、最初は死亡届を提出することになっており、死亡したという事実を知ってから1週間以内に役所へ足を運んで手続きを済ませておくようにしましょう。

死亡届を出すのは法定相続人にも該当する同居の親族になりますが、近い人がいない場合は土地の管理人などが代行で提出することも可能になっており、提出時には死亡診断書や死体検案書などの提出も義務付けられています
手続きをしていると葬儀会社から連絡が来ると思いますが、親しい人が亡くなって気持ちの整理がついていなくてもきちんと対応をしないといけないので費用や葬儀の内容などから失敗しないように会社を選ぶことも大切です

福岡 税理士
 

遺産相続の無料相談を利用

 
遺産相続に関するトラブルは多く発生しており、これまで仲が良かった家族や親せきが遺産相続で揉めてしまうことも多く、亡くなった人からすると自分が残してきた財産のせいで大切な身内が争いごとになってしまう状況に死んでも死にきれない状態だと言えます。

遺産相続,流れ,手続き,相談

トラブルリスクを低減させるためには法律事務所に依頼して話を進めてもらうのがおすすめとなりますが、相談にお金がかかることに不安を持っているのであれば無料相談に対応しているところもあるので、そこで相談してみてアドバイスをもらうとよいでしょう。

基本的に遺産相続の問題に対応している専門家は弁護士や司法書士など法律の知識を持っている専門家が中心となっていますが、行政書士や税理士などでも対応しているので信頼できるところが近くにあるのであれば法律の専門家に頼るだけでなくても構いません。
無料相談の方法にはいろいろありますが、一般的に多くなっているのは電話やメール、対面による相談となっており、時間が取れないような場合や焦っていない場合はメールで聞きたいことを送っておくと後の話しがスムーズに進むことも想定されます。

また、遺産相続というのは法定相続人が相続することができるルールになっているものの、誰にどれくらいの財産を残すかは自由に決めることができるので、遺言書がある場合は思うような相続にならないことも想定されるため、その点には注意をして話しを進めていく必要があります。

着物 買取
 

専門家に遺産相続を依頼する

 
遺産相続に関するトラブルは多いことから関連があるような機関では積極的に相談窓口などを設けており、そこから仲介してトラブルが無いように遺産相続が進んでいくようなサービスを受けることもできるようになっています。

お金や税金に関する相談ごとがメインの場合は税理士に相談するというのが一般的な形となっていますが、税理士は税に関するスペシャリストというイメージがあるのであまり遺産相続に関する相談という感じはないかもしれません。

しかしながら相続には必ず税金が発生するというルールが決まっているので、遺産相続を受けようとする場合は税金の支払いも必ず必要になりますが、基本的に3600万円以上の相続がない場合は税金の支払いは発生しないので少額であれば相談する必要はあまりないかもしれません。

身内とのトラブルをできるだけ避けたいというのであればやはり法律の専門家に依頼するという方法が最も確実な方法となっていますが、トラブルが既に顕在化する様相を見せているような場合は裁判リスクに備えて弁護士に最初から依頼しておく方が安心です。

ちなみに不動産の相続などが発生した場合は登記などが必要になってくるので、ここでも別途で手続きが必要になってきますが、その場合は司法書士に依頼するという方法があります。
司法書士だと登記を代理で行ってくれるだけでなく基本的な手続きであれば代行して行ってもらうことができるので安心して依頼することができます。

善玉菌 増やす